木造建築一戸建ての外壁塗装は、無料見積りで診断してもらえる範囲が決められている場合があります。築年数やリフォーム暦などの簡単なデータだけで診断される場合もありますし、現場を見て判断される場合もあります。現場を見て判断する場合でも、地面から眺めて診断する場合と、建物全体の損傷や劣化などを検証して外壁塗装を把握する場合があります。無料見積りでは、現場を見て診断する場合であっても、基本的に建物の外観からのみの判断です。

外壁塗装は、塗膜だけが経年劣化している場合のほかにも、劣化して破損している塗膜から壁材の内部にまで劣化や損傷が進行している場合もあります。理想的なのは、木造建築一戸建てを全体的に把握することで、より正確な外壁塗装を行ってもらうことです。壁材の内部にまで劣化や損傷が及んでいる場合は、修繕してもらった上で外壁塗装をしてもらったほうが、建物が長持ちします。問題点を隠すようにして塗装をしてしまうと、見栄えは良くなるものの、壁材の内部の劣化や損傷は修繕されずに、そのままダメージが広がってしまう可能性も出てきます。

無料見積りには範囲がありますが、必要ならばリフォームを検討するという姿勢で依頼することで、損傷箇所などの点検も行ってもらいやすくなります。無料見積りは自由に依頼できるのがメリットですから、担当者の親切度や知識量などを確認するために利用すると良いでしょう。相談しやすいかどうかを確認するために無料見積りを利用するのも良い方法の一つです。