太陽光を設置する時に注意をしておきたいのは引越しです。今後の将来において何かの事情から引越しをすることになる可能性があるなら、引越しをしてから太陽光を設置しましょう。今の住宅に設置している部品などを引越しする時に持ち運び、そこで設置して利用するというのは不可能ではありません。結局のところ、これは設置して機能すれば使えるわけですから不可能ではありませんが、何かと問題点が出てきます。

そもそも、次に引越す住宅が前の住宅とほとんど同じようなサイズになるとは限りません。また、屋根の傾斜や広さなども必ず変わってくるので、やはりそう考えると引越すのであれば引越してから、その住宅に合わせて太陽光を設置する方が無駄がありませんし、コストも安くなります。将来的に引越しをするかどうかは本当に予測することが難しいものです。仕事の事情だったり家庭の事情だったり、どのような理由から引越しを余儀なくされるのかは分からないからです。

しかしながら、自分の仕事や家庭の状況を見て、短期的には引越しする可能性が低いなら太陽光は設置しやすいものです。これを設置してしまうと、別に引越しても現在の住宅でもどちらでも良いという判断になった場合は太陽光をすでに設置していることから引越しをやめるという判断をしやすくなります。絶対に避けたいことは近々引越す可能性が高いのに設置してしまうことです。無駄なコストが出るのでこうした状況は避けましょう。