タッチパネルのタイムレコーダーで勤怠管理する

タイムレコーダーはいまだに会社の勤怠管理でよく使うものです。しかし、社員の打刻もれやタイムレコーダーの時間設定に誤りにより正確に時間を把握できないことやタイムカードというアナログ的な紙媒体を使用するので、保管も大変でまたそのタイムカードから時間を読み取って給与計算をしなければなりませんので、間違いが起こったり、無駄が増えます。こうした問題を解決するのが、タッチパネル式のタイムレコーダーです。タッチパネルなので、画面をおすだけで時間の打ち漏れもなく、なかには不正防止のため、指紋認証させてうえでパネルにタッチさせて時間を測定するものもあります。

またタッチパネルなので、タイムカードのような紙媒体も必要なく、保管もデータでできるのでスペースの心配がないです。そしてこのタッチパネルで取得したデータはパソコンにつながっているので、そのデータを自動的に計算して勤怠管理するため給与計算の際に発生する時間の入力誤りもなく、その作業時間も短くて済みます。しかしながらこのシステムの導入には、多少の費用がかかりますが、いままで総務としてタイムレコーダーの時間管理に費やした労力と時間と導入コストを天秤にかけてみると明らかに導入したほうがいいのは明らかです。勤怠管理のため、総務が時間外労働をして作業することは、旧式のタイムレコーダー使用ではよくあるので、その残業代を大幅にカットできる可能性があるので検討の余地は十分にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です