勤怠管理に重要なタイムレコーダーの設置場所と数

現代ではある程度以上の規模の企業となると勤怠管理にタイムカードとタイムレコーダーが使用されるのが一般的になっています。タイムレコーダーにタイムカードを通すことによってタイムカードに打刻され、そのタイムカードを毎月回収して打刻されている勤怠情報を集計することにより勤怠管理が行われるというのがその方法です。社員にとって必要となるのは出勤したときと退社するときにタイムレコーダーにタイムカードを通すという作業だけであり、簡便で正確な打刻が行えることから頻繁に採用されるシステムとなっています。こういったシステムを運用する上で重要になるのはタイムレコーダーの設置場所です。

毎日社員がタイムカードを通さなければならないことから、誰にとっても使いやすい場所にある必要があります。また、出勤したと言えるタイミングで速やかに使用できる場所にあるということも重要になります。社員が多い場合にはその台数も問題になり、行列ができてしまうような状況ができると不平等が生じると社員には感じられてしまうでしょう。そういった点を総合的に考えてタイムレコーダーの設置場所や台数を考える必要があります。

勤怠管理が適切にかつ正確に行われることは会社にとっても重要なことであり、それによって給与額が定まるといっても過言ではありません。社員数や現場での社員の動き方を考えて適切な設置方法を考えることがこのシステムを運用していく上では欠かせないものとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です