ドライバーに優しいクラウド型デジタコ

クラウド型のデジタコは、自動車運転時の速度や走行時間、走行距離などを計測することはもちろんできますが、それだけではなく、ドライバーにとってとても優しいというメリットもあります。例えば、クラウド型のデジタコを導入すれば、蓄積されたデータからコンピュータが自動的に業務日報などを作成してくれます。これまでは業務日報などは、ドライバー自身が帰社後に手書きしているのが普通でしたが、これがドライバーにとってはけっこう面倒な業務でした。長距離運転して体はくたびれているのに、細かい事務作業をしなければならないと思うとうんざりしてしまうものです。

クラウド型デジタコなら、日報自動作成機能で瞬時に完了しますから、ドライバーはさっさと帰宅することも可能でしょう。使用者側からしてみても、ドライバーの労働時間が短縮できるのは、人件費抑制につながるので歓迎するところです。また、ドライバーに余計な負担を掛けなければ、安全運転にもつながるはずです。業務用車両による痛ましい事故の原因は、ドライバーの過労が原因であることも少なくありません。

クラウド型デジタコの導入は、会社の安全管理にも寄与してくれます。クラウド型デジタコでは、蓄積されたデータを駆使して、ドライバーの運転傾向を分析・評価することも容易にできます。数字に基づいて公平・公正に評価をすることができるため、ドライバーとしても注意・勧告などに従いやすいですし、適正に評価されていることに満足感を覚えるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です