クラウド型デジタコの普及が進んでいます

デジタコとはデジタルタコグラフを省略したもので、タコグラフは法定3要素を記録する装置です。タコグラフは運行記録計とも呼ばれておりデジタコは法定3要素である速度と時間、距離をデジタル形式で記録します。アナログタコグラフは紙のチャートに記録しましたが、デジタコはデジタル形式で記録されるのでパソコンで簡単にプリントアウトできます。事業用トラックのドライバーが運転日報や乗務記録などを作成するのは大きな負担ですが、デジタコを使うと自動作成が可能なので手間を省けるというメリットもあります。

この装置にはデータの保存方法によってクラウド型とカード型があり、前者は常に通信を行って走行中のデータをオンライン上に記録します。クラウド型は通信型とも呼ばれていて、全ての車両と事業所がリアルタイムにデータを共有できます。運行管理を担当するスタッフは常に車両の現在位置を把握し、状況に応じて必要な指示が出せます。カード型はSDカードなどの記録媒体を使うタイプで、後から事業所のパソコンでデータ処理を行う必要があります。

このタイプはローカル型とも呼ばれており、クラウド型のように通信を行わないので車両の現在位置を把握できません。ドライバーや運行管理のスタッフがデータを確認できるのは、処理を行った後になります。最近ではドライバーの労務管理や適切な運行管理を行う必要性が増しており、クラウド型デジタコの普及が進んでいます。このタイプはたんに法定3要素を記録するだけでなく、ドライバーや車両の状況を確認して的確な指示が出せるので人気があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です