クラウドタイプのデジタコが備える機能について

デジタコにはクラウドタイプとカードタイプの2種類があり、最近では前者を導入する運送会社が増えています。法定3要素である速度と時間、距離を記録する装置は運行記録計やタコグラフと呼ばれます。記録された運転中のデータはドライバーの労務管理や運行管理に役立てられています。デジタコはデジタル形式で法定3要素を記録するタコグラフで、クラウドタイプは車載器にSIMカードが内蔵されており常に通信を行うのが特徴です。

カードタイプはSDカードなどに走行中のデータを記録するので、後から事業所に持ち帰ってパソコンで処理します。以前は速度やエンジンの回転数を制御して、燃費を改善するためにデジタコを導入するのが一般的でした。しかし事業用トラックの性能は向上しており、最近では燃費管理の必要が低下する一方で労務管理や運行管理の重要性が増しています。適切な労務管理や運行管理を行うには、車両の状況を常に把握してドライバーに必要な指示を出さなければなりません。

クラウドタイプのデジタコは通信を行ってオンライン上にデータが保存されるので、全ての車両や事業所が共有し即座に確認できます。後からデータを事業所に持ち帰ってパソコンで処理する必要はありません。このタイプはカードタイプと異なりデータを処理する手間がかからないだけでなく、車両の現在位置を運行管理の担当スタッフが常に確認できます。空車の状況を確認して配車の手続きを行ったりドライバーに的確な指示を出して労務管理を行うことが可能になるため、多くの運送会社がこのタイプのデジタコを導入しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です