クラウドタイプのデジタコは運行管理に便利です

複数の事業用トラックを運用している運送会社は、ドライバーの負担を減らして効率的に事業を進めるために適切な運行管理を行わなければなりません。事業用トラックの運行管理に威力を発揮する装置が法定3要素である速度と時間、距離を記録する運行記録計です。運行記録計はタコグラフと呼ばれていて、アナログタイプとデジタルタイプの2種類に大別できます。後者は法定3要素をデジタル形式で記録するので扱いやすく、多くの運送会社が事業用トラックに搭載しています。

デジタルタコグラフは略してデジタコとも呼ばれており、ローカルタイプとクラウドタイプの2種類が存在します。前者は車載器にSDカードなどの記録媒体を挿入して使うため、カードタイプとも呼ばれています。後者は車載器にSIMカードが内蔵されており、常に通信を行ってオンライン上にデータを保存します。通信タイプとも呼ばれていて、運行管理の担当者は常に車両の現在位置を把握できます。

ローカルタイプは後からデータを事業所に持ち帰ってパソコンで取り出す必要があります。リアルタイムでオンライン上に保存されるクラウドタイプは、いつでも必要な情報を確認できます。またクラウドタイプのデジタコを搭載した場合には、運行管理の担当者が常に車両の位置を把握して的確な指示を出すことができます。近年では運行管理やドライバーの労務管理を目的として、事業用トラックにデジタコを導入するケースが増えています。

特にリアルタイムに的確な指示を出すことができるクラウドタイプが人気です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です