デジタコ導入の義務化が進んでいる

デジタコとは、デジタルタコグラフのことで、自動車運転時の速度・走行距離・走行時間などの情報をメモリーカード等の電子記録メディアに記録するデジタル式の運行記録計です。記録紙にグラフを描いて運行状況を読み取っていた従来のアナログ式運行記録計にはない様々な特徴を持っており、ドライバーの業務管理や安全運転の向上に有効であるとされています。このデジタコ等の運行記録計の義務化が進んでいます。デジタコを利用するメリットはたくさんあります。

まず、リアルタイムに正確な記録ができ、専用ソフトウェアを使用することでデータの解析を簡単かつ迅速にすることができます。そのデータに基づき、日報や乗務記録など様々な帳票を自動作成できるため、作業効率を向上させます。また急加速・急減速・不必要なアイドリング・危険運転などを明確に見えるかするため、消費燃料の削減やドライバーの安全運転向上につなげることができます。なお、データは電子記録メディアに自動記録されるため、データ保管・管理が簡単にできます。

また、GPSを内蔵した機種を搭載した場合は、自動車の位置情報を記録することができるので、最適な通行ルートの選択や検討を行うことができます。エンジン回転数を記録できる機種もあり、種類は様々で必要な製品を選択することができます。国土交通省は、ドライバーの安全面を考慮し、条件付きでデジタコ導入の義務化を進めています。現在では、車両総量7トン以上または最大積載量4トン以上のすべての事業用車両に運行記録計の搭載が義務化されています。

新規購入だけではなく、既存車両にも義務づけられているため、注意が必要です。今後も法律は改正されていくでしょうから、適宜確認が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です