デジタコは価格が変わると機能性も変化します

デジタコは適切な運行管理によって事業用トラックを安全に運用するため、重要な役割を果たす装置です。この装置は機能性の違いに着目すると単機能型と標準型、多機能型の3種類に分類できます。いずれもデジタルデータとして法定3要素である時間と距離、速度を記録する機能があります。紙のチャートに記録していたアナログタコグラフとは異なり、デジタルデータは様々な機能に柔軟に活用できます。

デジタコには様々ものがあり、性能を最大限に発揮して業務を効率化するにはスタッフが扱い方に習熟する必要があります。市販されているデジタコの中でも単機能型は機能性がシンプルで扱いやすく、価格も安いという特徴があります。このタイプは法定3要素を記録する機能の他に簡単な運行管理機能も備えており、初めて導入する場合などに最適です。スタッフがデジタル機器を苦手としている場合でも、単機能型ならば簡単に扱うことができます。

このタイプは5万円台から購入可能なため、複数の車両に装置を装着しなければならない場合など費用を抑えることができ経済的です。標準型以上は価格が30万円以上しますが、ドライブレコーダーと連携したり各種帳簿を作成するなど様々な機能があります。特に多機能型はオプションで必要な機能を選んで追加できるため、運行管理や業務の効率化に威力を発揮します。ドライバーのアルコール確認や燃費の管理、速度超過のアラーム通知などより多くの機能が必要な場合には多機能型を選ぶとよいでしょう。

価格が変われば機能性も変化するので、予算や用途を十分に検討して最適なタイプのデジタコを選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です