デジタコには様々な価格のものがあります

デジタコには様々な価格のものがありますが、いずれも法定3要素を記録する基本的な機能を備えています。市販されているデジタコは機能性の違いによって単機能型と標準型、多機能型に分類できます。単機能型は価格が安く5万円台から購入でき、簡単な運行管理機能を備えています。コストパフォーマンスが優れているので、初めて導入する場合やデジタル機器が苦手なスタッフが扱う場合にはこのタイプがおすすめです。

必要最低限の機能のみを備えていますが、安全に車両を運用し業務を効率化するのに役立ちます。デジタコの正式名称はデジタルタコグラフで速度や時間、距離をデジタルデータとして記録します。ドライバーが車両を運転する場合に、速度など法定3要素をデジタルデータとして記録するため様々な機能に柔軟に活用できます。標準型以上になると各種帳簿を作成する機能や、ドライブレコーダーと連携する機能などを備えています。

特に多機能型はドライバーのアルコール確認や燃費の管理など様々な機能があり、オプションとして任意に選んで追加できます。標準型以上のデジタコは価格が30万円するのが一般的ですが、様々な機能によって業務の効率化を図ることが可能です。ただし性能を最大限に発揮するためには、スタッフが装置の扱いに習熟する必要があります。価格が高い製品を導入したとしても、上手く扱えなければ性能を発揮できないので注意しなければなりません。

初めは安くて基本的な機能のみを備えた単機能型を導入し、慣れたら必要に応じて他のタイプに買い替えるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です