価格の安いデジタコを有効に活用するには

市販されているデジタコには様々なタイプがありますが、なるべく価格が安いものが欲しい場合には単機能型を選ぶとよいでしょう。複数の事業用トラックを運用している運送会社では、何台もの車両にデジタコを導入しなければならず費用がかかってしまいます。単機能型ならば必要最低限の機能を備えており、価格が安いので費用を抑えることができます。このタイプはコストパフォーマンスが優れていて、初めて導入する場合やデジタル機器が苦手な人が扱う場合などに最適です。

デジタコにはより多くの機能を備えた標準型や多機能型もありますが、一般的に価格は30万円以上します。より多くの機能を駆使して安全に車両を運用し、業務の効率化を図りたいのであればこれらを選ぶとよいでしょう。標準型以上のデジタコにはドライブレコーダーと連携したり、各種帳簿を作成するなどの機能があります。多機能型はオプションで任意に必要な機能を選んで追加できるようになっており、業務の効率化に威力を発揮します。

標準型以上のデジタコを導入すれば運行管理だけでなく業務の効率化にも有効ですが、初めて導入する場合など必ずしも使いこなせるわけではありません。単機能型にも速度や時間、距離を記録する機能の他に簡単な運行管理機能が備わっています。まずは単機能型を導入し、扱い方に慣れてより多くの機能が必要になった場合には標準型以上に買い替えるとよいでしょう。基本的な機能でも使いこなすことができれば、運行管理や業務の効率化に役立ちます。

デジタコの価格のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です